不動産担保ローンを利用するデメリットとは

不動産担保ローンで融資額を引き上げて土地を購入

不動産担保ローン不動産担保ローンとは? | 不動産担保ローンで自宅前の土地を購入しました

不動産担保ローンで融資額を引き上げて土地を購入 | 支払いが難しくなる | 不動産の購入は身の丈にあったものにすべき

土地や建物のような不動産を購入する場合、頭金が十分にあればそれだけで審査も通過しやすくなりますし返済も楽になりますが、日々の生活費を差し引いた残りをコツコツ貯めていっても時間がかかってしまいます。
しかもしかも近年は不動産価格の上昇が目立ってきていて、いい場所の物件を取得するための頭金を貯めるのはとても難しくなっています。
それでもどうしても新たに不動産物件を取得したい場合、銀行などに金融資産や収入の明細書を提示して融資してもらうのが一般的な方法ですが、この方法では限度額が決まってしまうでしょう。
そこで実家などが持っている土地を担保にして不動産担保ローンを設定すると、自分だけではどうにもならなかった融資の額を引き上げることができます。
実際にこの方法を使って親が居住していた郊外の実家の不動産を担保にして融資してもらい、自分の希望通りの場所に土地を購入することができました。
この不動産担保ローンは金利が安いのもメリットであり、最初の頃はいい買い物ができたと喜んでいましたが、人間の人生はいいことばかりではないため、悪くなった時にそのデメリットを痛感します。
いくら金利が安いといっても高額の金額なので利子も高額になり、しかも頭金でそれほど入れていないために月払いの金額も結構な金額になってしまいます。