不動産担保ローンを利用するデメリットとは

不動産の購入は身の丈にあったものにすべき

自分が持っている不動産を担保にしていたらまだ気が楽ですが、親とはいえ他の人の持ち物を担保にしているので気が重くなる一方です。
借りる時は金利も安くて大きな金額を融資してもらえると喜んでいましたが、支払いに困窮するとここまで苦労するとは予測もしていませんでした。
不動産は一世一代の大きな買い物なので少しでもいいものと考えてしまいますが、やはり身の丈にあった買い物をすべきです。
頭金の支払いを抑えて別のものを購入したのも失敗の一因であり、余計なものは後回しにして少しでも融資額を減らすべきでした。
不動産などの購入は一括で購入するのは難しいですが、初めの段階で少しでも減らす方向で考えてローン形成をしていかなければ、人生は長いので将来に何かあっては取り返すことがとても困難になります。

不動産担保ローンで融資額を引き上げて土地を購入 | 支払いが難しくなる | 不動産の購入は身の丈にあったものにすべき | 不動産担保ローンで自宅前の土地を購入しました